FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東中野駅

ぶらりタイトル


激動の時代を乗り越えて
100歳になりました。


 私の事務所は、JR東中野駅・東口駅前にあります。雨が降っても濡れないくらいの距離です。…そこまでは言い過ぎでしょうか。いつも使っている東中野駅の今昔物語を調べてみました。
 まず、中央線のことから。明治8年に甲武鉄道によって、立川~八王子間が開通されました。車両は蒸気機関車で、中野に停車していました。その後、明治37年に電車が登場し、地元から駅の新設を求める声が起き明治39年に今の前身である「柏木駅」が誕生。1両編成がコトコト走っていました。
 ちなみに東京駅が開業したのは、大正3年。山手線が一周完成したのは大正14年というから、わが町の駅は歴史があるんですね。えっへん。

東中野駅古い写真

▲甲武鉄道は、鉄道国有化に基づき「官鉄」となり、鉄道院が発足し呼称は「院鉄」、鉄道省となり「省線」、以後「国電」「JR」と変わっていきます。関東大震災の後、中心地から東京の中野地区へ移住する人がとても多かったそうです。


駅舎を支え続ける古レール

 昭和2年に駅舎が完成。その屋根を支えている一部は、外国のレール。リサイクルして建てられたそうです。さっそく駅に行ってホームの上の屋根をよく見るとドイツとかベルギー、アメリカの文字が見えます。昭和2年の古レールを使った骨組みが現在でも使われているって、ビックリ!
 当時は駅前に人力車の姿もあったとか。関東大震災や大東亜戦争の戦禍、激動の100年を経て今に至っているんですね。歴史を知るといつも利用している駅もなんだかいとおしく思えます。
※東中野駅の駅員さん、東中野地域センター、地元の岸恒夫さん、東中野元気塾の皆様のご協力を頂きました。ありがとうございました。

こちら神田川タイトル


こちら東京・神田川。

♪あなたは、もう忘れたかしら~の神田川です。

 東中野で事務所を構えて、もう15年以上になります。この町で働き、暮らし、やさしい人達との出逢いがありました。オフィス街でなく住宅街ですので、あまり知られていませんが歴史もあって暮らしやすい、良い町です。私たちは、そんな東中野が大好き。だからチョット紹介させてください。


ダイワヘルス研究所は、東中野駅前に事務所を構え、正直でまじめな通信販売活動を続けています。
スポンサーサイト

トラックバック

http://higanakaburari.blog81.fc2.com/tb.php/1-c6ef2fd0

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。